読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows ODBCドライバセットアップの注意

WindowsODBCドライバをセットアップする時の罠に2度もハマったので、自戒を込めてメモ。

 

ODBCドライバをセットアップする時に、管理ツールからアクセスするが、その際に呼び出されるのは、OSが 32bit か 64bit かに依存する。もちろん、それで問題ないんだけども、問題なのはODBCを利用するアプリケーションが 32bit か 64bit か、どっちなのか。例えば、Access2010は32bitアプリなので、必要とするODBCドライバは32bitの方なのねん。

 

というわけで、Windows(64bit)で、32bitODBCアドミンを呼び出すには

 

%windir%/SysWOW64/odbcad32.exe を実行すること。

 

ちなみに、64bitODBCアドミンは、普通にコントロールパネルからアクセスできるんだけど、

 

%windir%/System32/odbcad32.exe を実行すると呼び出せる。

 

ふぅ、実にややこしや。